十色な男の娘

男の娘大好き!なブログです。

ヒメゴトがすごい

2015
18
ヒメゴト~十九歳の制服~という漫画がすごい!
ちょっと変わった、でもとてもリアルな漫画です。

ちなみに、ひめゴトじゃないですよ、ヒメゴトです。
男の娘が出るという点はどっちも共通してますけれど。


この漫画はタイトル通り、秘め事を抱える十九歳の、
ちょっと変わった青春ストーリーを描いている漫画です。

とてもリアリティのある複雑なストーリー展開がすごい。
リアルで起きていても不自然のない展開が多く、
そして巧みに張られた数多くの伏線には感動を覚えます。
これほど続きが気になる漫画はなかなかありません。


この漫画の主な登場人物は三人です。
全員、同じ大学に通う十九歳の大学生です。

・櫟原由樹(いちはらゆき)
himegoto19_04.jpg
男っぽい性格で、中学高校を男子に混ざって過ごしてきた娘。
それゆえ名前を男読みにしてヨシキとアダ名付けられています。

男として扱われることはそれはそれで嬉しかったものの、
大学生となった今では内心、普通の女の子になりたがっています。

でもなかなか今さら普通の女の子として振る舞えない。
だからその分、家の中でひそかに女の子になる。
himegoto19_06.jpg
これが由樹の秘め事です。


・長尾未果子(ながおみかこ)
himegoto19_02.jpg
高い清楚な服を着こなす可憐な少女。
周りからはちょっとしたお嬢様として認識されています。

女でありながら男っぽい性格の由樹に好意をもっている様子。

十五歳の少女の頃の自分が一番価値があると信じていて、
大学生なのにかたくなに化粧をせず、髪も染めません。

そんな未果子の秘め事は売春。
himegoto19_05.jpg
十五歳と偽って売春し、それが相手にばれないことで、
自分がまだ十五歳として通用する安心感を得ています。


・相葉佳人(あいばかいと)
himegoto19_01.jpg
流行りの綺麗系男子で、周りの女子からモテモテの男の子。
オシャレ系雑誌の常連でもあるほどのイケメンです。

そんな佳人の秘め事はズバリ女装です。
himegoto19_03.jpg
完成された美しさをもつ未果子に憧れていて、
彼女の着ているものと同じ服を買っては女装します。

一方、元は綺麗なのに女として振る舞わない由樹に対しては、
「女を無駄遣いしている」として苛立ちを感じている様子。

漫画の男の娘にしてはすごく現実的で、
リアルだと男の娘ってこんな風だろうナという感じ。


……と、三人とも十九歳としてギリギリな秘め事をもっています。
この三人が複雑に絡み合うことで物語が進展していきます。

この作品の素晴らしいところは、最初から最後まで、
この三人が中心となって物語が展開していくところ。
よくあるテコ入れキャラみたいのが出てこないのですよね。


物語については、冒頭部分がこちらで立ち読みできます。
後に行くほど面白くなっていくので、冒頭部分がよいと感じたなら、
ぜひ最後まで読んでみることをオススメします(∇_∇)b

僕は続きが気になりすぎてすぐ全巻揃えちゃいましたよ。
DSC_0158.jpg
ただ、男の娘を期待した場合は微妙かもしれないです。
この漫画はあんまり萌え要素はないので。

個人的には男の娘である佳人の視点よりも、
未果子の考え方に共感することが多かったです。
どちらかというと嫌なキャラとして描かれていますけれど……(∇_∇)
関連記事